Cover Image

ビジネスデータ取引においてメインフレームが安全である理由

2022/12/28 - 読み終える時間: 2 分

What Makes Mainframe Secure for Business Data Transactions の翻訳版です。


ビジネスデータ取引においてメインフレームが安全である理由

2022年12月27日

著者: HCLSoftware / A division of HCLTech (HCL)

現在、最も堅牢なコンピューティング・プラットフォームはメインフレームです。しかし、メインフレームにさらなる安全性を提供するための対策を講じることができないわけではありません。

メインフレームのセキュリティにはどのような特徴があり、その特徴を高めるにはどうすればよいのでしょうか。メインフレームセキュリティの利点の概要と、メインフレームセキュリティを強化するためのアドバイスをご覧ください。

なぜメインフレームは本質的に安全なのか?

メインフレームは、その合理的なアーキテクチャに脆弱なエンドポイントが存在しないため、安全性が確保されています。エンドポイントを保護する能力を実証した技術が、顧客情報を保護するために使用されています。

クラウドやオンプレミスのコモディティサーバーなどの代替インフラと比較して、メインフレームはセキュリティの面で本質的な優位性を持っています。

その最大のメリットは、メインフレームは多くの人が最初に思い浮かべるコンピューティング・インフラの形態ではないため、より最新のシステムと考えられている他のタイプのシステムよりもハッカーからの注目度がはるかに低い傾向にあることです。

メインフレームは、クレジットカードの取引データなど、非常に重要なデータを大量に処理していることを考えると、この判断が妥当かどうかは議論の余地があります。

しかし、メインフレームは、クラウドやコモディティサーバーに比べて世間の注目度が低いため、悪事を働く者の標的にはなりにくいのです。

メインフレームセキュリティのベストプラクティス

ミッションクリティカルなワークロードをメインフレームに依存している企業は、脅威への対策として、セキュリティ戦略を近代化する必要があります。ここでは、企業がメインフレームを保護するために利用できる、メインフレームセキュリティのベストプラクティスをいくつか紹介します。大企業がメインフレームに依存している理由は、その信頼性、セキュリティ、拡張性、互換性など、数多くあります。

信頼性

システムが常に稼働し続けることの重要性は、非常に高いものです。RAS(信頼性、可用性、保守性)とは、メインフレームのユーザーが価値を見出すハードウェアとソフトウェアの機能群を指します。

メインフレームのオペレーティングシステムは、ハードウェアの強固な自己回復能力に加えて、ストレージ保護や管理された保守手順などの機能によってRASを発揮します。ソフトウェアの信頼性は、徹底的なテストと、問題が見つかったときに素早くパッチをリリースする能力によってもたらされます。ハードウェアとソフトウェアのコンポーネントは、オペレーティングシステムの残りの部分に悪影響を与えることなく変更することができます。

セキュリティ

会社の重要な資源は、セキュリティデータです。顧客リスト、従業員プロファイル、財務記録など、重要なデータは安全に保管されなければなりません。また、そのデータを閲覧できるユーザーも必要です。メインフレームコンピューターは、その両方を管理することができます。データの安全性を維持しながら、共有することが可能です。

スケーラビリティ

ビジネスは頻繁に拡大し、需要の増加に対応するために新しいインフラストラクチャを必要とします。コンピュータ・プラットフォームの拡張性は、企業がコストを大幅に増加させることなく、また現在の業務に支障をきたすことなく、どの程度能力を拡張できるかを決定する重要な要素です。ハードウェアとソフトウェアのスケーラビリティは、メインフレームの特徴です。

互換性

通常、メインフレームの顧客は、データとアプリケーションに多大な投資を行っています。また、新品のデータもあれば、何年もかけて完成させたアプリケーションもあります。「互換性」とは、プログラムがシステム上で動作する能力、または他のハードウェアやソフトウェアと相互作用する能力を指します。

年代を問わず、すべてのアプリケーションのサポートを維持することは、非常に重要です。互換性の要件は、新しいソフトウェアとシステムのハードウェアの両方において、重要な設計要素となっています。何十年にもわたる変化の中で完全な互換性を維持することは不可能ですが、メインフレームのハードウェアとソフトウェアのメーカーは、互換性を優先しています。

パワーを維持する

クラウドコンピューティングの時代になっても、メインフレームが繁栄し続け、人気を博していることは予想外ではありません。今日の商業の世界では、いくつものトランザクションが発生します。センサーの収集、高頻度取引、IIoT(Industrial Internet of Things)、IoT(Internet of Things)などを通じて、膨大な量の取引データが生み出されているのです。これらの情報は、生産ラインの稼働やエンドユーザー向けアプリケーションのレスポンスを維持するために、驚異的なスピードで消化・利用されなければなりません。

処理能力が高いおかげで、メインフレームは最も強力なコンピューティング能力を持ち、毎日最大1兆件のWebトランザクションを処理できるよう設計されています。

消費者の行動も進化しており、モバイル機器のおかげで、人々は以前よりはるかに頻繁に銀行の残高をチェックするようになりました。このような検索は、ひとつひとつが成功した取引を意味します。ショッピングカートのプリロード、モバイル決済、インフォーマルなコミュニケーションも同様です。

バックエンドに到達する取引量の増大は、メインフレームの開発につながりました。メインフレームは、バックエンドに到達するトランザクション量の増加により、メインフレームが開発され、メインフレームに代わる多くのシステムをはるかに超えるスピードとスケールで動作することができるようになりました。

まとめ

つまり、メインフレームのセキュリティを維持するためには、上記のメインフレームのセキュリティベストプラクティスを考慮する必要があります。メインフレームの人気は、主にその高い信頼性とセキュリティに起因しています。以前のバージョンとの互換性を維持しながら、開発と改良が続けられています。IT企業では、重要なプログラムをメインフレームでホストすることがよくあります。これらのアプリケーションは、給与計算、顧客注文処理、在庫管理、生産管理、金融取引など、さまざまなトピックをカバーしています。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Academy Accelerate Accelerator Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki BigFix Workspace branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce Common Local License Server community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOpes Velocity DevOps DevOps Code ClearCase DevOps Code RealTime DevOps Deploy DevOps.Launch.AppScan DevOps Model RealTim DevOps Plan DevOps Test DevOps Velocity Digital Experience Discover document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Leap Domino Volt Domino管理者アップデート認定試験対策 DQL DRYiCE dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL Ambassadors HCL Domino REST API HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation HCLSoftware U hints_and_tips history HTMO IBM_i iControl ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone IZSAM KEEP Launch Launch.DevOps Leap Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Noets/Domino Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest OnTime osaka press_release relay REST RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Volt MX Go Volt MX サンプルアプリ Webinar win7 Wordload Automation Workload Automation youtube Z Z Abend Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer Z Data Tools Z Software Asset Manager ZAI ZAO ZIE ZIE for Transformation ZIE for Web ZIE for Windows ZIET ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修