Cover Image

HCL RTist 11.1 2021.46 の新機能

2021/12/2 - 読み終える時間: 2 分

What's new in HCL RTist 11.1 2021.46 の翻訳版です。


HCL RTist 11.1 2021.46 の新機能

本日、HCL RTist の別のリリースを出荷しました。11.1 2021.46. いつものように、いくつかの新機能といくつかのバグフィックスがあります。その中からいくつかをご紹介します。


イベントデータの移動

画像の説明

2つのカプセル間で頻繁にデータを送信する場合や、データが大きい場合は、イベントデータを移動するという新しい機能を利用できます。上の図は、2つのカプセル間で頻繁に送信される文字列をコピーではなく移動するテストアプリケーションで、アプリケーションのパフォーマンスが約35%向上したことを示しています。

型の型記述子には、新しい移動関数が含まれています。定義されていれば、オブジェクトへのrvalue参照がsend-statementで提供されている場合、データ・オブジェクトが移動されます。例えば、std::moveを使ってrvalueの参照を得ることができます。

pb.e1(mc).send(); // コピーによる送信
pb.e1(std::move(mc)).send(); // 移動による送信

受信したイベントのデータをトランジション関数内で移動させることもできます。これを可能にするには、rtdataパラメータを非constとして宣言する必要があります。これを実現するには、新しいトランジションプロパティ Const rtdata parameter のマークを外します。

画像の説明

そして、イベントデータを、例えばカプセル属性に移動させることができます。

m = std::move(*rtdata);


トランジションのコピー/ペースト

あるステートマシンのトランジションをコピーして、別の(または同じ)ステートマシンのステートにペーストできるようになりました。これにより、既存のステートマシンに基づいて新しいステートマシンを作成するプロセスを大幅にスピードアップすることができます。コピーしたトランジションをステートにペーストすると、最初はそのステートの自己トランジションになります。他の状態をターゲットにしたい場合は、後からステートチャート図の中でトランジションを再ルーティングすることができます。


フラグメント・ファイルの自動作成

画像の説明

新しい環境設定「モデリング」-「フラグメント・ファイルの自動作成」 は、新しく作成されたモデル要素をそれぞれのフラ グメント・ファイルに配置したい場合に設定できます。これは、完全に断片化されたモデルの作成を好むユーザーにとって便利です。なお、フラグメントファイルに格納されたモデル要素の名前を変更しても、フラグメントファイルの名前は自動的に変更されません。プロジェクト・エクスプローラーのコンテキスト・メニューには、フラグメント・ファイルの名前を変更するための別のコマンド Refactor - Rename file が用意されています。


コード・コンプライアンス

環境設定 「RealTime Development」-「Build/Transformations」-「C++」-「Code compliance」-「Clang-Tidy」 では、コード内に抑制コメントを生成することで、特定の sizeof 式に対する警告も処理するようになりました。生成されたコードから警告を受けないことで、Clang-Tidyを使って手書きのコードスニペットの問題点を見つけることがより現実的になります。

このリリースの新機能については、Sprint Demo YouTube Playlist のビデオをご覧ください。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修