Cover Image

ブラウザー以外での HCL VersionVault Express の操作

2021/11/18 - 読み終える時間: 2 分

Working with VersionVault Express outside the browser の翻訳版です。

ブラウザー以外での HCL VersionVault Express の操作

2021年11月17日

著者: John Kohl / Software Engineer

VersionVault Expressの主要なUIは、ブラウザベースのアプリケーションです。 単一のファイルの編集や保存、ファイルの比較や変更セットの確認、リベースやストリーム間の配信などの簡単なケースをサポートしています。 しかし、一度に複数のファイルを作業する必要がある場合はどうでしょうか? あるいは、コードをテストするためにコンパイルする必要がありますか? あるいは、自分の変更が他の開発者の同じ要素への変更と衝突してしまったら? このような場合には、デスクトップ・クライアント・ツールを使用し、それらをVersionVault Expressサーバに接続することになります。

クライアント・ツールをセットアップしたら(詳しくは後述します)、コードのコピーをストリームから自分のコンピュータに取り込むには、スナップショットのダウンロードとビューの読み込みという2つの方法があります。


スナップショットのダウンロード

ストリームのスナップショットをダウンロードする方法は簡単です。ブラウザのインターフェースでストリームを表示しているときに、ダウンロード・スナップショット・アイコン()をクリックするだけです。 これにより、ストリームの現在のバージョンを含むzipファイルが生成され、ダウンロードされます。

ストリームの読み取り専用コピーが必要な場合(変更内容をストリームに同期させる必要がなく、新しいスナップショットをダウンロードするたびにローカルコピー全体を置き換えても構わない場合)、これは現在の状態のコピーを取得するためのシンプルで迅速な方法です。 これは、ビルドやテストスイートを実行するのに適しているかもしれません。 しかし、もしあなたが変更を追跡し、プロジェクトのVOBにそれらをチェックバックする必要があるならば、VersionVault Expressクライアントによって管理されるビューが必要でしょう。


クライアントビューとサーバービュー

ビューは、VersionVault Expressプロジェクト内のストリームのコンテンツを表示するために使用されます。 各ビューは、ストリームのチェックインされたコンテンツと、バージョンコントロール下にないあなたが作成したファイルへのOSファイルシステムのアクセスを提供します。 ブラウザー・インターフェースやREST APIを介してストリームにアクセスすると、VersionVault Expressサーバー内で管理されるビューがあります。 しかし、そのビューはお客様のクライアントからは直接アクセスできません。


お客様のクライアントでのビューの作成

クライアント上で使用するビューを作成するには、VersionVault Expressクライアントをインストールする必要があります。 ブラウザのインターフェイスの右上にあるリンク()をたどると、手順とインストール・パッケージが表示されます。 IDEとしてEclipseを使用している場合は、クライアントと一緒にインストールされるEclipseのアップデート・サイトからVersionVault Explorerプラグインを使用して拡張することができます(下記リンク先のドキュメントを参照)。

クライアントをインストールしたら、ブラウザのストリーム詳細ページ()にある「open in VersionVault Explorer」のリンクをクリックして、クライアントのGUIを開き、同じストリームに新しいビューを作成(または既存のビューを再オープン)することができます。

VersionVault Explorerのクライアントを使用して、ストリーム上に自動ビューまたはWebビューを作成すると、サーバーで管理されているビューとは独立したビューが得られます。 クライアントのビューを作成した後は、VersionVault Explorerの "Refresh->Update from repository... "アクションや、'rcleartool update'コマンドライン・アクションによって、明示的にビューを更新した場合にのみ、他のビュー/ユーザからの変更が表示されます。 ビューを更新すると、ストリーム内の他のビューによって行われたチェックインされた変更に加えて、完了した配信やリベース操作によってストリームに追加された変更もピックアップされます。

クライアントでは、VersionVault Explorerやrcleartoolを使ってバージョンをチェックアウトし、お気に入りの編集ツールを使ってファイルに変更を加えることができます。 変更内容に満足したら、チェックインして、他のビューやストリームにアクセスする他のユーザーに見えるようにします。 ストリームビューのページで更新アイコンをクリックすると、ブラウザUIの基礎となるビューにチェックインされた変更が表示されます。 ストリーム上の他の自動ビューやウェブビューは、新しくチェックされた変更を表示するために更新が必要です。

変更内容をチームで共有する準備ができたら、配信操作を使って別のストリームにマージします。


配信とリベース

VersionVault Expressでは、ストリーム間での変更の移動にdeliverおよびrebaseオペレーションを使用します。 単純な変更であれば、ブラウザのUIで操作を行うことができます。 しかし、ブラウザUIはソース・ストリームとターゲット・ストリームに相反する変更を含むdeliverおよびrebaseのケースを扱うことができません。 2人の開発者がテキストファイルの同じセクションを変更した場合など、相反する変更がある場合は、クライアント上でビューを使用して、VersionVault Explorerやrcleartoolで配信やリベースの処理を行う必要があります。 (まだ両方のストリームにビューを持っていない場合は、操作を開始する前に作成することができます)。

VersionVault Explorerでは、Deliver->Defaultメニュー項目、またはツールバーのボタン( )から「Default Deliver」を使用してDeliverを行います。 リベースには、Rebase->Defaultメニュー項目、またはツールバーのボタン( )から「Default Rebase」を使用します。 VersionVault Explorerは、マージ・コンフリクトを解決するためのプロンプトを表示し、その後、操作を完了する前にビューで結果をテストすることができます(ターゲット・ストリームへの変更をチェックします)。

リベースや配信の後、ターゲット・ストリーム上の他のビューを更新することを忘れないでください。


まとめ

ここでは、VersionVaultクライアントを使用してVersionVault Expressサーバーを操作し、クライアント上で自動ビューまたはWebビューを作成し、維持する方法を学習しました。 また、VersionVault Expressプロジェクトの同じストリームにアクセスしている複数のビューで変更を可視化する方法や、クライアント上で複雑なリベースや配信操作を処理する方法についても学びました。

詳細はブログ・サイト をご覧ください。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Accelerate Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOps DevOps.Launch.AppScan Digital Experience document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Volt DQL dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation hints_and_tips history HTMO IBM_i ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone Launch Launch.DevOps LEAP Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest osaka press_release relay RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Webinar win7 youtube Z Z ABEND Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer ZAO ZIE ZIE for Web ZIE for Windows ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修