Cover Image

HCL Z Abend Investigator (ZAI) Fault Entry List のラインコマンド

2022/9/29 - 読み終える時間: 2 分

Z Abend Investigator (ZAI) Fault Entry List line commands の翻訳版です。


HCL Z Abend Investigator (ZAI) Fault Entry List のラインコマンド

2022年9月23日

著者: Adrian Simcock / Architect for HCL Z Abend Investigator (ZAI) and IBM Fault Analyzer.

ZAI障害エントリのリスト表示から、障害エントリに対して入力できるさまざまなラインコマンドがあります。利用可能なコマンドのリストは、追加の「ヘルプテキスト」を表示することによって見ることができます。これを行うには、[View]メニュー項目を選択し、オプション3「Add Help Text」を選択します(このオプションは、ヘルプテキストが現在表示されていない場合にのみ利用可能です)。

画像の説明

選択すると、利用可能なラインコマンドのリストが表示されます。

画像の説明

この記事では、A(ソースの表示)コマンドと J(JCLの編集)コマンドについて説明します。

これらのラインコマンドには、それぞれ対応するZAIオプションが設定されている必要があることに注意してください。A ラインコマンドには LangxCaptureJ ラインコマンドには JclCapture が必要です。これらのオプションは、HFZCNF00 PARMLIBメンバーまたは特定のジョブのHFZOPTS DDで指定することができます。ZAIオプションの指定方法の詳細については、https://help.blueproddoc.com/faultanalyzer/14.1.17/en/opt.html を参照してください。

画像の説明

A (表示ソース)

ZAI解析(または再解析)中に、一致するサイドファイル(コンパイラーリスト、LANGX、SYSDEBUG、またはDWARFデータ)が見つかった場合、いわゆるLANGXレコードが障害エントリに記録されます。このため、ソースプログラムを再コンパイルした場合でも、停止した時点のソースが常に利用可能です。Fault Entryのインタラクティブおよびバッチ再解析では、保存されたLANGXレコードが自動的に使用されますが、A lineコマンドを使用して表示することも可能です。

障害エントリーの横に A を入力すると、利用可能なソースプログラムのリストが表示されます。

画像の説明

興味のあるものを選択すると、次の画面で抽出されたソースレコードが表示されます(ISPF EDITセッション)。

画像の説明

J (JCLの編集)

リアルタイムのアベンド解析では、アベンドしたJOBのJCLがFault Analyzerによってキャプチャされ、Fault Entryに保存されます。このJCLは、JCLコマンドを使用してインタラクティブな再解析中に表示することができ、またJラインコマンドを使用して表示することもできます。Fault Entryの横にJを入力すると、キャプチャされたJCLのEDITセッションが表示されます。EDITセッションから、例えば、JCLを再度SUBMITすることができます。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Academy Accelerate Accelerator Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki BigFix Workspace branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce Common Local License Server community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOpes Velocity DevOps DevOps Code ClearCase DevOps Code RealTime DevOps Deploy DevOps.Launch.AppScan DevOps Model RealTim DevOps Plan DevOps Test DevOps Velocity Digital Experience Discover document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Leap Domino Volt Domino管理者アップデート認定試験対策 DQL DRYiCE dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL Ambassadors HCL Domino REST API HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation HCLSoftware U hints_and_tips history HTMO IBM_i iControl ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone IZSAM KEEP Launch Launch.DevOps Leap Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Noets/Domino Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest OnTime osaka press_release relay REST RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Volt MX Go Volt MX サンプルアプリ Webinar win7 Wordload Automation Workload Automation youtube Z Z Abend Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer Z Data Tools Z Software Asset Manager ZAI ZAO ZIE ZIE for Transformation ZIE for Web ZIE for Windows ZIET ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修