Cover Image

HCL Z Asset Optimizer ZAO - メインフレームからクラウドへの移行の基盤

2023/9/19 - 読み終える時間: 2 分

HCL Z Asset Optimizer ZAO-The Foundation for Mainframe-to-Cloud Migration の翻訳版です。


HCL Z Asset Optimizer ZAO - メインフレームからクラウドへの移行の基盤

2023年9月15日

著者: Suresh Narayanan / Mainframe Technical Advisor at HCLSoftware

メインフレーム テクノロジーの進化におけるこの重要な岐路において、注目を集めている一般的なソリューションは、メインフレーム システムのクラウドへの移行です。 この戦略的な動きは、既存のメインフレーム ソフトウェア スイートを活用する安全で高性能、高可用性のアーキテクチャを維持しながら TCO を削減するという 2 つの目的を達成することを目的としています。

世界中の CEO オファーのなんと 70% が、メインフレーム システムの代替案を積極的に検討しています。 この背後にある理論的根拠は明確で説得力があります。

  • 時間の経過とともに、レガシー インフラストラクチャと資産は多くの場合、複雑で広大なエコシステムに進化し、さまざまなベンダーによってさまざまな期間にわたって複数の地理的場所に長年にわたって構築されてきました。
  • 移行の見積もりと ROI は大幅に過小評価されることが多く、予算超過やリソースの枯渇につながります
  • 長年にわたって培われ洗練された自社開発の独自ソフトウェアは、多くの複雑なメインフレーム ビジネスの基盤となっています
  • サイロで稼働する断片化されたシステムがコストの高騰につながるため、IT 資産の統合が急務となっています。

現在のビジネスの優先事項を理解することが不可欠であることは否定できません。 メインフレーム ソフトウェアのインベントリを明確に理解することは、情報に基づいた意思決定にとって最も重要です。 しかし、メインフレーム ソフトウェアの使用状況に関する情報を入手することは、単に重要なだけではありません。 これは、移行作業を成功させるために非常に重要です。この重要なデータと情報がなければ、企業は、より大きな変革の旅の重要なステップである最新化と移行に向けて進むことができません。

ここで、HCL Z Asset Optimizer (ZAO) が登場します。これは、IBM Z システム/メインフレームの顧客向けにカスタマイズされた、市場をリードする専用ソリューションです。 ソフトウェア資産のインベントリと使用状況、および包括的なライセンス情報をすべて 1 つの統合ソリューションでシームレスに管理できます。

ZAO の重要性を強調するために、BFSI セクター内の現実世界のシナリオを考えてみましょう。 ある顧客は、3 年間のメインフレーム移行イニシアチブに着手したいと考えていました。 当初、議論は現在のコストを手動でベースライン化することに集中していましたが、このアプローチは資産の欠落や不正確な使用率レポートにつながりました。 その結果、実際の移行プロセス中に、正確なデータが欠如していたために ROI の機会が見落とされていました。 さらに、移行中に特定のソフトウェアを変換しようとすると複雑な問題が発生し、すでに厳しいスケジュールがさらに危険にさらされました。 残念なことに、プロジェクトのステータスは「赤」になり、停止していることを示しました。

メインフレームのモダナイゼーションまたは移行に ZAO が必要なトップ 3 の理由

  1. ベースライン設定: メインフレーム ソフトウェア資産と使用状況

ZAO は、IBM やその他のソフトウェア ベンダーの 15,000 以上のメインフレーム ソフトウェア製品と機能を認識し、メインフレーム環境全体での包括的なソフトウェア インベントリ レポートと使用状況を提供します。 メインフレームをクラウドに移行する場合、ハイパースケーラーの ROI 計算を行う前に、既存のソフトウェアのベースライン化が必須です。 これがなければ、移行のコスト上の利点とスケジュールを明確にするのに大きな課題が生じることになります。

ハイブリッド環境 (メインフレームとクラウド) 向けに、ZAO は「ライセンスと契約の最適化」と呼ばれる独自の機能を備えており、メインフレームの顧客のシステムやビジネス アプリケーションに影響を与えることなく数百万ドルを節約できます。

ZAO はお客様に次のことをお手伝いします。

  • 使用状況に基づいてソフトウェア ベンダーとソフトウェア契約を再交渉する
  • 使用頻度が低い、またはまったく使用されていないソフトウェア製品を削除する
  • 最適化のためにライセンスが過剰または不足しているソフトウェアを特定する
  1. ライセンス検証の回避 (HCL 所有の IP)

意図しないメインフレーム ソフトウェア ライセンスのエンドユーザー使用許諾契約 (EULA) 違反は業界全体で広く発生しているため、顧客はこれを追跡するメカニズムを必要としています。 これは、ZAO のライセンス認証で簡単に行えます。 ライセンス情報とインストール (インベントリ) および使用状況の情報を比較して違反を特定します。違反が解決されない場合、罰金や風評被害につながる可能性があります。

  1. 柔軟な展開オプション: z/OS と Linux の両方で利用可能

ZAO の最新バージョン (V2.2) では、Linux on Z および z/OS 上のコンテナー テクノロジーにデプロイメント オプションがあります。

  • z/OS の場合: 並列シスプレックス環境で構成された各 z/OS システムでバッチ モードまたはトランザクション モード (CICS または IMS) で実行されているプログラムのほぼリアルタイムのモジュール使用量データを識別して提供します。
  • z/OS ZCX コンテナー オプションは、ZCX が zips を利用するため、IFL を持たないお客様にも利用できます。 ワークロード マネージャーを使用してワークロードを管理しますが、zLinux 環境に対する複数の IFL で可能であるように、複数の zIIP プロセッサーを zCX に完全に「専用」にすることは実際には不可能です。
  • Linux の場合: Docker Container for Linux on Z 用に構築された ZAO エンジンを利用し、IBM Integrated Facility for Linux (IFL) エンジンを利用します。

3 つの強力な使用例は、ZAO が提供できる能力を示しています。

  • ケース 1 を使用します。デジタル トランスフォーメーション イニシアチブの範囲内でメインフレームをクラウドに移行する企業。 ※ユースケース2 将来的にM&Aを予定している企業
  • 使用例 3、TCO を削減するメインフレームのビジョンを持つ企業

すべてのメインフレームの最新化と移行の取り組みにおいて、最初に ZAO を利用する必要があります。 全自動の検出とダッシュボードレポートが備わっており、ニーズに合わせた柔軟な価格設定オプションが付属しています。

デモを予約して、さらに詳しく知ることができます。

このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Academy Accelerate Accelerator Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki BigFix Workspace branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce Common Local License Server community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOpes Velocity DevOps DevOps Code ClearCase DevOps Code RealTime DevOps Deploy DevOps.Launch.AppScan DevOps Model RealTim DevOps Plan DevOps Test DevOps Velocity Digital Experience Discover document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Leap Domino Volt Domino管理者アップデート認定試験対策 DQL DRYiCE dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL Ambassadors HCL Domino REST API HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation HCLSoftware U hints_and_tips history HTMO IBM_i iControl ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone IZSAM KEEP Launch Launch.DevOps Leap Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Noets/Domino Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest OnTime osaka press_release relay REST RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Volt MX Go Volt MX サンプルアプリ Webinar win7 Wordload Automation Workload Automation youtube Z Z Abend Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer Z Data Tools Z Software Asset Manager ZAI ZAO ZIE ZIE for Transformation ZIE for Web ZIE for Windows ZIET ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修