Cover Image

デジタル行動の洞察が必要ですか - シングルコードベースソリューションである HCL Discover をご検討ください

2024/6/5 - 読み終える時間: ~1 分

Need Digital Behavior Insights? Consider a Single Code Base Solution の翻訳版です。


デジタル行動の洞察が必要ですか - シングルコードベースソリューションである HCL Discover をご検討ください

2024年2月23日

著者: Anthony Stankoski / Technical Architect at HCL Software's HCL Discover division

企業は、シームレスなデジタル体験を提供し、製品を最適化し、マーケティング戦略を改善するために、ユーザーの行動を洞察しようと努力しています。オンライン上のインタラクションを理解することで、企業は提供するサービスを調整し、エンゲージメントを向上させ、成長するデジタル環境の中で競争力を維持できます。行動分析ツールを採用することは、ユーザーのエンゲージメントパターンを掘り下げ、企業が情報に基づいた意思決定を行うことを可能にするため、この追求において重要です。多くの選択肢がある中で、単一のコードベースの行動分析ツールは、業務効率の向上を目指す企業に多くのメリットを提供する、変革的なソリューションとして浮上しています。

第一に、統一されたコードベースは導入プロセスを大幅に簡素化します。単一のコードが異なるプラットフォーム間でシームレスに統合されることで、企業はさまざまな OS 向けに異なるバージョンを管理する煩雑さを解消できます。これにより、貴重な時間とリソースが節約され、使用するデバイスやシステムに関係なく、一貫したユーザーエクスペリエンスが保証されます。

単一のコードをベースにしたソリューションでは、効率性が重視されます。組織は、ツールの保守とアップデートを簡単に行うことができ、変更はすべてのプラットフォームで一律に適用されます。この合理化されたアプローチは、進化するユーザー行動への俊敏な対応を促進するだけでなく、エラーのリスクを最小限に抑え、ツールの最高のパフォーマンスを保証します。

費用対効果は特筆すべき利点となります。単一のコードベースの行動分析ツールは、複数のコードベースの管理に伴う開発保守コストを削減します。この経済効率により、組織はリソースを他の重要な分野に振り向けることができ、業務への全体的な影響を最大化できます。

相互運用性(エンドユーザーが関与することなく、異なるベンダーの機器、システム、アプリケーション、または製品が協調して動作する能力)は、今日の相互接続された状況では非常に重要であり、単一のコードベース動作分析ツールはシームレスな統合を促進します。このツールは、他のオペレーションソリューションと難なく融合し、まとまりのあるエコシステムを構築します。この相互運用性により、組織は既存の投資を確実に活用し、運用インフラの全体的な効率を最適化することができます。

統一されたコードベースの使用は、一貫性のあるユーザーフレンドリーなインターフェイスに貢献します。この一貫性により、全体的なユーザーエクスペリエンスが向上し、アナリストのナビゲートと洞察の解釈がよりシンプルになります。ユーザーフレンドリーなインターフェースは、迅速な意思決定と、業務上の課題に対するより効果的な対応につながります。

結論として、単一のコードベースの行動分析ツール は、ユーザー行動の理解を深めようとする組織にとって戦略的な選択肢となります。導入の簡素化、効率性の向上、費用対効果、相互運用性、一貫したユーザーインターフェイスを備えたこのアプローチは、業務の最適化を目指す組織に包括的なソリューションを提供します。企業が効率を優先する中で、単一のコードベースの行動分析ツールを採用することは、ユーザー行動を理解し、より合理的かつ効果的に行うための極めて重要なステップとなります。


Cover Image

HCLSoftware によるマーケティングの卓越性の再定義:MMH SPARK Matrix™ のリーダーに選ばれた理由

2024/6/5 - 読み終える時間: 2 分

HCLSoftware Redefines Marketing Excellence: See Why We Are Named a Leader in the MMH SPARK Matrix™ の翻訳版です。

HCLSoftware によるマーケティングの卓越性の再定義: MMH SPARK Matrix™ のリーダーに選ばれた理由

2024年5月2日

著者: HCLSoftware

MMH SPARK Matrix™ 2023 において HCLSoftware は MMH SPARK Matrix™ のリーダーとして注目を集め、マーケティング戦略を変革する手腕を披露しています。この認定は、HCL Unicaが様々な分野でマーケティングパフォーマンスを強化する優れた能力を持つことを示すものです。HCL Unicaは、統合プランニングやオムニチャネルマーケティングから洞察に満ちた顧客行動分析に至るまで、精度の高いマーケティング機能と多彩なデータモデルで際立っています。

この功績は単なる勝利ではなく、マーケティングの未来を形成する上でHCL Unicaが極めて重要な役割を担っていることが認められました。

「HCLSoftware は、MMH SPARK Matrix™ 2023 のリーダーとしての地位を固めました。同社の製品である HCL Unica は、キャンペーン サイクルの短縮、強力なブランド価値とロイヤルティの創出、応答率の向上に役立つさまざまな機能を提供することで、企業のマーケティング パフォーマンスの向上を支援する強力な MMH プラットフォームです。同社の主要な技術的差別化要因には、統合された計画、予算編成、マーケティング業務、オムニチャネルゴールベースのマーケティング、顧客行動分析、大規模な精密マーケティング、データ展開モデルなどがあります。」

Quadrant Knowledge Solutions の SPARK Matrix™ とは

Quadrant Knowledge Solutions の SPARK Matrix™ は、主要な市場プレーヤーのポジションと戦略的地位にスポットライトを当て、市場環境の包括的なビューを提供します。単に市場参加者を視覚的に表現するだけでなく、各サプライヤーが様々なパフォーマンスパラメータに基づいて競合他社とどのように比較しているかを明らかにすることで、極めて重要な戦略的洞察を提供します。これらのパラメータは、テクノロジーエクセレンスとカスタマーインパクトの 2つの重要なカテゴリーに分類されます。

このレポートを入手する理由

  • 世界のMMH市場の複雑なダイナミクスを理解する。
  • デジタルマーケティングにおける課題と解決策、特に顧客エンゲージメントとロイヤルティ強化におけるMMHの重要性についての洞察を得る。
  • マルチチャネルマーケティングハブの構成要素と、複数のチャネルにまたがるパーソナライズされたエンゲージメントをどのように編成するかを学びます。
  • 今日のマーケティングにおけるMMHの戦略的重要性と導入の増加について、顧客プロファイル管理とキャンペーン実行におけるMMHの役割を中心に説明します。

HCL Unica の特長

HCL Unica は単なるマルチチャネルマーケティングハブではありません。拡張性と柔軟性を独自に融合させ、あらゆる規模の企業が複数のチャネルでパーソナライズされたマーケティングキャンペーンを立案実行できるようにします。Unicaは、マーケティングの精度と革新性を体現し、以下を実現します:

  • 規模に応じた精密な顧客ターゲティング: 幅広いオーディエンスを正確かつ効率的にターゲットセグメントに変換

  • リアルタイムのパーソナライゼーション: 適切なタイミングで顧客の心に響く体験をカスタマイズ

  • 包括的なマーケティングプランニングと予算管理: すべてのマーケティング費用をROI向上のための投資として活用

  • ゴールベースのジャーニー管理: タッチポイントだけでなく、目標に沿ったカスタマージャーニーのマッピング

  • 統合データレイヤー(CDP)と顧客行動分析: データを実用的な洞察に変え、よりスマートなマーケティングの意思決定を実現

SPARK Matrix™ 2023年レポートでは MMH 市場の全容を明らかにし、HCL Unica やその他のトップパフォーマーが、パーソナライズされた顧客エンゲージメントの未来をどのように形成しているかを解説し、また、主要MMHベンダーの製品、市場での存在感、価値提案を詳細に分析しています。


サポート技術情報: 2024/5/27 - 2024/6/2

2024/6/5 - 読み終える時間: 12 分

新しい試みのトライアルとして、1週間分のサポート技術情報更新のインデックスを作成してみました。しばらく継続してみます。新規追加と内容更新したものが含まれています。システム上、軽微な修正であってもリストに含まれてしまいます。予めご了解ください。


Notes/Domino 注目サポート技術情報 (2024 年 5 月)

2024/6/5 - 読み終える時間: ~1 分

毎月月末恒例の、Notes/Domino 注目サポート技術情報 (2024 年 5月)を公開しました。バックナンバーも同ページに掲載しています。

「Notes/Domino 注目サポート技術情報」は、お客様からよく参照されている技術情報や、サポートからお客様にご参照いただきたい技術情報のリスト化したものです。


Cover Image

データドリブンマーケティングの極意:よくある課題の解決策

2024/6/5 - 読み終える時間: 3 分

Mastering the Art of Data-Driven Marketing: Solutions for Common Challenges の翻訳版です。


データドリブンマーケティングの極意:よくある課題の解決策

2024年5月24日

著者: Amanda Tevis / Product Marketing Manager

デジタルマーケティングの複雑な状況を切り抜けるには、課題、特にデータ分析の複雑さに起因する課題を巧みに理解し、巧みに対処しなければなりません。エンゲージメント率の低さ、カート放棄率の高さ、キャンペーン ターゲティングの非効率性など、マーケティングでよくある問題は、データと行動分析の力を活用した実用的なソリューションで解決できます。実際の例を挙げることで、これらの戦略は必要性と有効性を示し、マーケティング担当者がこれらの課題に立ち向かう際にサポートを受けられることを再確認させます。このアプローチでは、データに基づく分析がデジタル マーケティングの一般的な課題を実用的かつ適用可能な方法で解決する方法を示し、マーケティング担当者を支援することを目指しています。

課題 1:複雑なカスタマージャーニー

顧客は、ソーシャルメディアやウェブサイトなどのオンラインプラットフォームや、来店やダイレクトメールなどのオフラインの方法など、多くのチャネルを通じてブランドと関わっています。そのため、複雑なカスタマージャーニーが生まれ、追跡や分析が難しくなります。従来のマーケティングツールは、さまざまなソースからのデータを統合するのに手助けを必要とすることが多く、その結果、顧客の行動や嗜好を断片的にしか把握できません。この限界は、カスタマーエクスペリエンスに対する不完全な洞察につながり、効果的でまとまりのあるエンゲージメント戦略の開発を妨げ、あらゆるタッチポイントでのインタラクションを最適化する機会を逃すことになります。

ソリューション:行動分析ツールを採用することで、企業はオンラインオフラインを問わず、複数のインタラクションポイントからのデータを集約し、カスタマージャーニーを包括的に捉えることができます。総合的な視点は、すぐには明らかにならない顧客行動の隠れた洞察やパターンを明らかにし、マーケティング担当者がエンゲージメントの完全な経路を理解することを可能にします。行動分析ツールは、顧客ライフサイクルのさまざまな段階に合わせたターゲット戦略を構築し、各段階における特定のニーズや嗜好に対応します。エンゲージメントの低い領域や無視されている機能など、顧客や見込み客がウェブサイト上で行っていないことを強調することで、マーケティング担当者はアプローチを改善し、戦略が徹底した実行可能なデータに基づいていることを確認することで、信頼性を高められます。

このソリューションを導入するために、企業はデータアナリスト、カスタマーエクスペリエンスのスペシャリスト、デジタルマーケターからなる部門横断的なチームを設立することで、協力的な環境を醸成することができます。このチームが協力することで、行動分析レポートを定期的に見直し、顧客ペルソナを作成改良し、カスタマージャーニーのステージをマッピングし、介入すべき重要なタッチポイントを特定することができます。このような取り組みを部門間で連携させることで、同社は、特定の製品にフォーカスすることなく、行動インサイトを活用して顧客エンゲージメントと満足度を全体的に高める一貫した戦略を実現しています。このアプローチにより、戦略の有効性が向上し、チームメンバーの一体感と目的の共有が促進されます。

:顧客エンゲージメントと売り上げを強化しようとしている中規模のオンラインアパレル小売業者を考えてみましょう。同社は、データアナリスト、カスタマーエクスペリエンスのスペシャリスト、デジタルマーケティング担当者からなる部門横断的なチームで構成されており、隔週でミーティングを開き、包括的な行動分析レポートを検討しています。これらのレポートから、多くの顧客が決済ページでショッピングカートを放棄していること、サイトのレコメンデーションエンジンとのインタラクションが最小限であることが判明しました。これらの洞察をもとに、チームはチェックアウトプロセスをより合理的でユーザーフレンドリーなものに調整し、レコメンデーションエンジンをユーザーの嗜好や閲覧履歴に沿ったものに改良しました。このような的を絞った調整により、カート放棄率が顕著に減少し、パーソナライズされたおすすめ商品へのエンゲージメントが高まり、全体的な売り上げが大幅に向上しました。

課題 2:規模に応じたパーソナライゼーション

ビジネスの規模が拡大するにつれ、何千人、何百万人という個人を対象としたコンテンツのパーソナライゼーションに関わる膨大なデータ量に圧倒され、既存の手作業によるプロセスやシステムでは対応しきれなくなります。パーソナライゼーションには、個人の嗜好、行動、エンゲージメント履歴を深く理解する必要があります。有意義なパーソナライゼーションを実現するために複数のソースからデータを統合分析するには、多大な技術投資と専門知識が必要となり、成長するビジネスにとって大きな障壁となります。マーケティング担当者は、個人の関連性と幅広いリーチのバランスを取らなければなりません。

ソリューション:ページビュー、クリックスルー率、インタラクション時間など、デジタルのボディランゲージを活用することで、マーケティング担当者は顧客の意図や嗜好を理解し、詳細な行動基準に基づいたより正確なオーディエンスのセグメンテーションが可能になります。このセグメンテーションは、各グループの特定のニーズや関心に共鳴するコンテンツを調整するのに役立ち、個々のカスタマイズよりもターゲットを絞った戦略にリソースを集中させることで、パーソナライゼーションをスケーラブルなものにします。このようなセグメントに基づいてコンテンツのパーソナライズを自動化することで、マーケティングチームは、高レベルのパーソナライゼーションにありがちな運用の過負荷をかけることなく、膨大な顧客ベースの固有のニーズに効率的に対応できます。

事例ヨーロピアンクリケットネットワーク(ECN)は、ファンとのエンゲージメントを拡大し、試合当日の現場での体験を超えるパワーを提供したいと考えていました。究極のファン体験を構築するため、HCLSoftware と ECN はユーザーエンゲージメント戦略全体を自動化し、パーソナライズするために提携しました。ECNは、(1) コミュニケーションとアウトリーチ、(2) ファンプロフィールの獲得管理、(3) ファン調査とデータ整理の改善を望んでいた。これは、HCL Marketing CloudHCL DiscoverHCL Actian Data PlatformHCL Now を組み合わせることで実現しました。ファンの直接的な意見を取り入れることで、ECN のエンゲージメント戦略全体がより効果的になり、世界中のより多くのファンがクリケットに積極的に関わるようになりました。

課題 3:圧倒的なデータ量

さまざまなデジタルチャネルから大量のデータが流入すると、マーケティング担当者は圧倒されます。膨大な数の無関係な情報や冗長な情報から必要なインサイトを絞り込むには、支援が必要です。この大洪水はしばしば分析麻痺を引き起こし、膨大なデータセットをナビゲートし、優先順位をつけるという困難な作業のために、意思決定プロセスが大幅に遅れたり、止まってしまったりします。市場トレンドに迅速に適応し対応する能力が向上し、タイムリーで効果的なマーケティング戦略やキャンペーン調整の妨げになる可能性があります。

ソリューション:行動分析ツールをマーケティングオートメーションソリューションと同時に導入することで、企業は大規模なデータセットを効率的に管理するための強力な組み合わせを手に入れられます。行動分析ツールは、顧客とのやり取りからパターンと嗜好を抽出し、消費者の行動を理解するために不可欠な詳細なインサイトを提供します。一方、マーケティングオートメーションシステムは、これらのインサイトを使用して、ターゲットを絞ったマーケティングアクションの自動化とスケーリングを行い、データ処理を効率化し、マーケティング活動を的確かつ効果的に行います。全体として、これはエンゲージメントとコンバージョン率の向上につながます。

行動分析とマーケティングオートメーションの相乗効果を最大化するために、企業は、パーソナライズされたマーケティングキャンペーンを提供するために、分析によって特定された行動トリガーと統合ワークフローを確立する必要があります。例えば、顧客が特定の製品カテゴリーに興味を示したときに、カスタムメールコンテンツやパーソナライズされたオファーを送信することで、エンゲージメントとコンバージョン率を大幅に向上させられます。

:家電を中心とした著名な小売りチェーンの例を見てみましょう。この企業では、行動分析をマーケティングオートメーションプラットフォームにシームレスに統合し、オンラインとオフラインのチャネルで顧客の購入やオンライン閲覧行動を追跡しています。高度なアルゴリズムを使用することで、購買パターン、製品の好み、エンゲージメントレベルに基づいて、顧客を詳細なカテゴリーに自動的にセグメント化します。この統合により、高度にパーソナライズされたメールキャンペーンの実施が可能になり、関連性の高い新製品の発売、技術アクセサリーの推奨、限定プロモーションなどを提供することで、顧客エンゲージメントを大幅に高め、売り上げの増加を促進することができました。

課題 4:マーケティングROIの実証

様々な要因が複雑に絡み合って消費者行動に影響を与えるため、単一のキャンペーンの影響を切り分けるのは困難であます。明確な指標と因果関係の証拠があれば、マーケティング活動の投資収益率(ROI)を実証することがより管理しやすくなり、その効果を確実に評価できるようになります。ROIの証明が困難であれば、将来の予算配分や戦略的意思決定が危うくなり、利害関係者は、明確で定量化可能な効果がないマーケティング活動への投資をためらう可能性があります。

ソリューション:マーケティング施策を具体的なビジネス成果に効果的に結びつけ、ROIを示すためには、行動分析をマーケティング戦略に組み込むことが不可欠です。行動アナリティクスを採用することで、マーケティング担当者は、最初のエンゲージメントから最終的なコンバージョンに至るまで、顧客がさまざまなマーケティングチャネルやキャンペーンとどのように接したかに関する詳細なデータを取得し、分析できるようになります。このデータによってマーケティング担当者は、どのアクティビティが顧客の行動を促進しているかを特定し、オーディエンスをより正確にセグメント化し、洞察に基づいてリアルタイムのキャンペーンを最適化できます。

実践的な導入のためには、マーケティング担当者は、売り上げの増加、顧客維持率の向上、顧客生涯価値の向上など、ビジネス上の目的に直接合致する主要業績評価指標(KPI)を定義することから始めるべきです。次に、行動分析ツールを使ってこれらのKPIを様々なレベルで追跡し、特定のマーケティングアクションと消費者行動の変化を結びつけます。これによって、何がうまくいっていて何がうまくいっていないのかの明確なマップが得られ、異なるセグメントや製品にわたって成功した戦術を予測し、拡大する能力が強化されます。

このデータをマーケティングオートメーションプラットフォームに組み込むことで、リアルタイムのインサイトに基づいてマーケティング戦略を自動変更し、効率と効果を高めることができます。システムに継続的にフィードバックすることで戦略が常に改善され、マーケティング費用が最適化され、測定可能なビジネス効果に直接貢献するダイナミックなループが生まれます。このループは、利害関係者にROIの明確なデータ主導の証拠を提供するため、予算配分の継続または増加のケースを大幅に強化します。

:ある家電専門の eコマース企業は、デジタルマーケティング施策のROIを実証するという課題に直面しています。同社は、メールキャンペーンやソーシャルメディア広告などの特定のマーケティング施策に直接結びついた、販売転換率や顧客維持率などの明確なKPIを設定。行動分析を統合し、デジタルプラットフォーム全体で顧客の行動を追跡分析することで、製品の閲覧、カートでのやりとり、購入パターンを特定し、顧客の嗜好や行動に反映させています。

このデータを活用して、マーケティングオートメーションプラットフォームは、顧客の行動に基づいてセグメント化し、潜在顧客向けのターゲットメールやロイヤルカスタマー向けの特別オファーなど、パーソナライズされたマーケティング活動を自動的に作成します。また、クリックスルー率が低い場合はメールの内容を微調整したり、購買意欲はあるが取引が完了していないユーザーに割引を提供したりするなど、アナリティクスの洞察に基づいてマーケティング戦術を動的に調整します。行動分析から得られる詳細なROI分析は、特定のキャンペーンの効果とROIに関する具体的なデータを関係者に提供します。これにより、マーケティング費用の最適化、将来の投資に対する情報に基づいた意思決定、データ主導の洞察による全体的なビジネス成果の向上が可能になります。

データや行動インサイトを通じてこうしたマーケティングの課題に対処することで、業務効率が向上し、顧客満足度とビジネスの成長が高まります。これらのソリューションを採用することで、データを戦略的資産に変え、より多くの情報に基づいた意思決定を促し、より良い成果を達成できます。競争が激化する中、データを効果的に活用することで、他社との差別化を図り、マーケティングの成功を大きく左右することができます。

データ分析の詳細・デモについては、ごちらからご連絡ください。


Cover Image

HCL Discover - パワフルな行動分析への簡単な移行

2024/6/5 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Discover: Your Easy Transition to Powerful Behavior Analytics の翻訳版です。


HCL Discover - パワフルな行動分析への簡単な移行

2024年2月23日

著者: Amanda Tevis / Product Marketing Manager

オーディエンスのデジタルボディランゲージ(デジタルインタラクション)のニュアンスを理解することは、ビジネスの成功に不可欠です。しかし、行動分析ツールの領域への移行は、しばしば困難な作業のように感じられます。HCL Discover は、データ移行を2ステップのように簡単に行えるソリューションでサポートします。

シームレスな移行を想像してみてください。既存のデータが、行動分析ツールの世界に難なく入り込み、リアルタイムの洞察が浮かび上がります。HCL Discover の行動分析ツールは簡単な移行プロセスを提供し、手作業による移行に伴う頭痛の種を回避します。自動化された専門家主導の移行プロセスにより、スムーズで効率的な移行が保証され、データ主導の洞察への旅は、複雑なダンスルーチンというよりも散歩のように感じられます。

HCL Discover が他と一線を画しているのは、移行プロセス全体を通じて専門家によるサポートを提供するというコミットメントです。経験豊富な専門家チームが、お客様のビジネスについてステップを通じてガイドし、問題のない移行を実現します。このサポートにより、データの損失や破損が最小限に抑えられるため、移行プロセスを心配するよりも、ツールによって生成される洞察の活用に集中できます。

HCL Discover の行動分析ツールは、デジタルのボディランゲージを読み解こうとする企業に実用的なソリューションを提供します。簡単な移行プロセスと専門家によるサポートにより、このツールは企業が自信を持って行動分析の世界に足を踏み入れることを可能にし、データとのダンスをより分かりやすく楽しいものにします。


Cover Image

政府がアプリケーションセキュリティテストを優先しなければならない理由

2024/6/4 - 読み終える時間: ~1 分

Why Governments Must Prioritize Application Security Testing の翻訳版です。


政府がアプリケーションセキュリティテストを優先しなければならない理由

2024年5月31日

著者: Nabeel Jaitapker / Product Marketing Lead, HCLSoftware

急速に進化するデジタルガバナンスの状況において、強固なサイバーセキュリティ対策の確保は譲れないものとなっている。世界中の政府がサービスを提供し、市民と関わるためにデジタルプラットフォームへの依存度を高めており、サイバー脅威に対する強固な防御の必要性がかつてないほど明確になっている。

この武器庫に不可欠な武器の1つが包括的なアプリケーションセキュリティテストであり、「政府サイバーセキュリティの強化 (Enhancing Government Cybersecurity: The Imperative for Application Security Testing.)」と題されたホワイトペーパーで幅広く検討されている: アプリケーションセキュリティテストの必要性" と題したホワイトペーパーでは、このテーマについて幅広く取り上げている。

デジタル地形をナビゲートする

政府がソフトウェアアプリケーションの力を活用して業務を合理化し、市民との交流を促進するにつれ、同時に無数のサイバーセキュリティリスクにさらされることになる。個人情報から国家安全保障の記録まで、機密データが保存されている政府システムの侵害がもたらす潜在的な影響は、事態の深刻さを際立たせている。したがって、悪意ある行為者からこれらのデジタル要塞を守ることが最も重要である。

脆弱性の状況を理解する

ホワイトペーパーは、政府機関のアプリケーションを悩ませている多様な脆弱性について綿密に概説している。インジェクション攻撃から認証の欠陥に至るまで、潜在的な悪用の範囲は広範かつ複雑である。このような脆弱性は、データの完全性を脅かすだけでなく、政府機関に対する国民の信頼も損ないます。

アプリケーションセキュリティテストの重要な役割

アプリケーションセキュリティテストは、デジタル侵入者に対する最前線の防御手段です。HCL AppScanのような最先端のツールを活用することで、政府機関は脆弱性が悪用される前に積極的に特定し、修正できます。規制基準へのコンプライアンスの強化からリスク管理戦略の強化まで、その利点は多岐にわたります。

メトリクスとケーススタディ 鮮明なイメージを描く

このホワイトペーパーでは、説得力のある実例と統計的洞察を多数紹介している。その中には、Verizon Data Breach Investigations ReportやPonemon Instituteといった定評ある情報源から得られた知見も含まれており、サイバー脅威の蔓延と不十分なサイバーセキュリティ対策による具体的な影響の両方が強調されています。

HCL AppScan のパワーを解き明かす

この防御メカニズムの中核にあるのが、政府機関特有のニーズに合わせた包括的なアプリケーションセキュリティテストおよび管理ソリューションであるHCL AppScanです。動的および静的アプリケーションセキュリティテスト、対話型テスト機能、ソフトウェア構成分析などの一連の機能により、政府機関はサイバー空間の危険な海を、自信を持って航海するために必要なツールを手に入れられます。

デジタル領域の強化

結論として、このホワイトペーパーは、政府が重要なシステムを保護し、国民の信頼を維持するために、アプリケーションセキュリティテストを優先するよう説得力のある事例を提示しています。堅牢なテストフレームワークに投資し、HCL AppScan の ような革新的なソリューションを活用することで、政府はサイバー脅威に対する防御を強化し、より安全なデジタルの未来への道を開けます。今こそ行動を起こすべき時であり、その賭け金はかつてないほど高まっています。


Cover Image

電気通信と IT インフラの保護におけるアプリケーションセキュリティテストの役割

2024/6/4 - 読み終える時間: ~1 分

Application Security Testing’s Role in Safeguarding Telecommunications and IT Infrastructure の翻訳版です。


電気通信と IT インフラの保護におけるアプリケーションセキュリティテストの役割

2024年5月31日

著者: Nabeel Jaitapker / Product Marketing Lead, HCLSoftware

通信とITインフラがグローバルな接続性のバックボーンとして機能する今日の相互接続された世界では、アプリケーションのセキュリティを確保することが最も重要です。

最近のホワイトペーパー「アプリケーションセキュリティテストによる通信およびIT組織のセキュリティ確保 (Ensuring Security in Telecommunications and IT Organizations through Application Security Testing,)」は、HCL AppScanのようなソリューションに代表される強固なセキュリティ対策の重要な必要性に光を当てています。

アプリケーションセキュリティテストがデジタルエコシステムの保護に不可欠である理由を掘り下げてみましょう。

脆弱性の状況

電気通信およびIT組織は、サイバー脅威に満ちた環境で活動しています。Verizon Data Breach Investigations ReportやOWASP's Mobile Top 10などの調査では、ウェブアプリケーションやモバイルアプリケーションに脆弱性が蔓延していることが強調されています。これらの脆弱性は、ユーザーデータの漏洩から風評被害まで、重大なリスクをもたらし、包括的なセキュリティ対策の緊急性を強調している。

アプリケーションセキュリティテストの役割

アプリケーションセキュリティテストは、脆弱性が悪用される前にその脆弱性を特定し、修正するための予防的なメカニズムとして機能します。HCL AppScanのようなソリューションは、静的テスト、動的テスト、対話型テストを含む包括的な機能スイートを提供し、企業がソフトウェア開発ライフサイクル全体にわたってセキュリティ態勢を評価できるようにします。コード解析や侵入テストなどの高度な技術を活用することで、企業は潜在的な脅威を効果的に軽減できます。

影響の定量化

電気通信やITアプリケーションのセキュリティ侵害が財務に及ぼす影響は相当なものです。調査によると、データ漏洩のかなりの割合が、パッチが利用可能でありながら適用されていない脆弱性によって発生しています。このようなリスクを軽減し、セキュリティインシデントの潜在的な影響を最小限に抑えるには、タイムリーなパッチ管理と、アプリケーションセキュリティテストを含むプロアクティブなセキュリティ対策が極めて重要です。

ケーススタディ

実際の事例が、致命的な侵害を回避するアプリケーションセキュリティテストの有効性を裏付けている。2023年にVoIPやファイル転送ソフトウェアを標的とした攻撃のような重要インフラへの攻撃は、リスクを軽減し、機密データを保護するための事前予防的なセキュリティ対策の重要性を浮き彫りにしています。

アプリケーションセキュリティテストの利点

HCL AppScanは、電気通信およびIT組織特有のニーズに合わせた、アプリケーションセキュリティテストおよび管理ソリューションのリーディングカンパニーです。動的アプリケーションセキュリティテスト(DAST)、静的アプリケーションセキュリティテスト(SAST)、ソフトウェア構成分析(SCA)などの機能により、HCL AppScanは脆弱性を特定し、改善するためのエンドツーエンドのソリューションを提供します。

電気通信およびIT組織の強化

結論として、電気通信およびIT組織がHCL AppScanのようなアプリケーションセキュリティテストを優先する必要性は否定できません。脆弱性の特定と緩和に向けて積極的な姿勢を採用することで、進化するサイバー脅威に対する防御を強化し、重要なインフラの完全性を守れます。デジタルエコシステムが拡大し続ける中、強固なセキュリティ対策を採用することは、単なる選択肢ではなく、信頼を維持し、機密性を保持し、相互接続されたシステムの回復力を確保するために必要不可欠なものとなっています。

アプリケーションセキュリティテストによる電気通信およびIT組織のセキュリティ確保について詳しくはホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。


このブログについて

HCL Japan の Software 部門の複数担当者で HCL Software 全般について記しています。

Tags

Academy Accelerate Accelerator Ambassador AoC AppDev Pack AppScan ASoC beta BigFix BigFix 9.5 BigFix_Wiki BigFix Workspace branding CAA Client Applicatin Access cloud Cloud Apps Cloud Native Commerce Common Local License Server community companion Compass compliance Connections Connections 6.5 ConnectionsDocs Connnections CVE-2021-44228 developerWorks DevOpes Velocity DevOps DevOps Code ClearCase DevOps Code RealTime DevOps Deploy DevOps.Launch.AppScan DevOps Model RealTim DevOps Plan DevOps Test DevOps Velocity Digital Experience Discover document Doino Volt Domino Domino AppDev Pacl Domino Leap Domino Volt Domino管理者アップデート認定試験対策 DQL DRYiCE dW dx Enterprise Integrator event fix fix_list fixlist forum General guide HCAA HCL Ambassador HCL Ambassadors HCL Domino REST API HCL OneTest Embedded HCL Z and I Emulator HCL Z and I Emulator for Transformation HCLSoftware U hints_and_tips history HTMO IBM_i iControl ID_Vault iNotes ios ios13 ipad iPhone IZSAM KEEP Launch Launch.DevOps Leap Link logo MarvelClient mobile mui nds2019 ndv12beta News Noets/Domino Nomad Nomad Mobile Nomad Web Notes Notes/Domino Notes/Domino 10 Notes/Domino 11 notes-domino-9-10-limited-supportability-as-of-202204 Notes/Domino V12 Notes/Domion Notes/Domno notescons Now on_premises OneDB OneTest OnTime osaka press_release relay REST RTist SafeLinx Sametime Sametime 11 SoFy support survey system_requirement techtek Traveler Traveler 10 Traveler for Microsoft Outlook traveler.zip Unica Unica Discover Unica Interact UrbanCode Deploy UrbanCode Velocity v11 V12 Verse Verse Mobile Verse On-Premises VersionVault Volt Volt MX Volt MX Go Volt MX サンプルアプリ Webinar win7 Wordload Automation Workload Automation youtube Z Z Abend Investigator Z and I Emulator Z and I Emulator for Transformation Z and I Emulator for Web Z and I Emulator for Web Client Z Asset Optimizer Z Data Tools Z Software Asset Manager ZAI ZAO ZIE ZIE for Transformation ZIE for Web ZIE for Windows ZIET ZIETrans ZIEWeb うるう年 イベント ウェビナー ガイド クラウド クラウド終了 サイジング サポート サポート技術情報 サポート期間 サポート終了 セキュリティ セキュリティー セキュリティー脆弱性 セミナー ダイバーシティー ダウンロード テクてく テクてく Lotus 技術者夜会 ニュース ノーツコンソーシアム バージョンアップ パフォーマンス パートナー ベータ ポートフォリオ ライセンス 九州地区 Notes パートナー会 互換性 出荷日 各種ご案内資料 研修