ニュース: バリューストリームマネジメントの採用と高度化を通じ、世界中の組織が顧客価値を提供できるよう支援するため、バリューストリームマネジメントコンソーシアムを設立

2021/3/4 - 読み終える時間: ~1 分

2021年3月3日、「バリューストリームマネジメントの採用と高度化を通じ、世界中の組織が顧客価値を提供できるよう支援するため、バリューストリームマネジメントコンソーシアムを設立」のニュースを掲載しました。

HCL Software は Secure DevOps の製品を揃え、それらを緊密かつ効率的に連携を実現するバリューストリームマネジメント製品、HCL Accelerate を開発・販売しています。自社製品のみならず、各社の DevOps 製品とも連携できるように設計されており、現在の環境を大幅に変更することなく、バリューストリームマネジメントを実現できます。HCL Accelerate のブログもご覧ください。


DevOps に影響を与える技術トレンドと、それがあなたにとって何を意味するのか

2021/2/17 - 読み終える時間: 3 分

Tech trends impacting DevOps, and what they mean for you の翻訳版です。


DevOps に影響を与える技術トレンドと、それがあなたにとって何を意味するのか

2021年2月15日

著者: Elise Yahner / Marketing Strategy and Campaigns for HCL Software DevOps.

画像の説明

調査・アドバイザリー会社のガートナーは先日、DevOps に影響を与えるテクノロジートレンドのトップ 10 を概説したインフォグラフィックを発表しました(ガートナーのサブスクリプションをお持ちの方はこちらからご覧になれます)。このインフォグラフィックは、製品、プラットフォーム、およびガバナンスを改善するためのデジタルトランスフォーメーションの取り組みのロードマップとして機能します。私たち、HCL Software DevOps グループでは、これらのトレンドの実用的な適用と、なぜこれらのトレンドが重要なのかについて議論してきました。DevOps に影響を与える Gartner 社の技術トレンドの一部をご紹介します。


アジャイル製品の提供

Gartner は次のように書いています:「価値あるソフトウェアの継続的なデリバリーは、継続的なインテグレーション、継続的なテスト、機能フラグの管理、継続的なモニタリングを含むアジャイルプラクティスによって達成されます」。

HCL Software DevOps の見解: 適切な自動化ツールを適切に配置することは、組織にとってアジャイルな製品デリバリーの鍵となります。現在のソフトウェア・デリバリー・パイプラインにあるすべての手動プロセスを特定してください - 承認をメールで送信することから、テストを実行するタイミングをシステムに伝えることまで、すべてが適切なツールによって合理化され、改善されます。自動化できるプロセスが増えれば増えるほど、チームがビジネスの成果を出すことに集中できる時間が増えます。

このトレンドをサポートするツール:HCL LaunchHCL OneTestHCL AccelerateHCL Compass

画像の説明


継続的な品質維持、向上

ガートナー社は、「継続的品質とは、品質保証の概念を、機能的欠陥と非機能的欠陥からの予防、検出、回復可能性に至る一連の継続的な活動にまで拡大したものである」と述べています。

HCL Software DevOps は言う。繰り返し可能なデリバリー・パイプラインを確立することは、「Day 1 DevOps」ですが、継続的な品質を取り入れることは、成熟した「Day 2 DevOps」パイプラインの特長です。テストは、ソフトウェアのデリバリープロセスの特定の部分だけに限定されるべきではありません。品質を確保し、問題を早期に発見し、進歩を加速させるために、テストは開発全体を通して頻繁に行われるべきです。

このトレンドをサポートするツール:HCL OneTestHCL Accelerate


継続的なコンプライアンスの自動化

継続的なコンプライアンスの自動化は、コンプライアンス違反の発見と検出、ポリシーの実施とレポートの自動化、および脆弱性の修正により、リスクを軽減するのに役立ちます。

HCL Software DevOps の見解: これらのトレンドに気づいていますか?これらの取り組みの多くの原動力は、セキュリティ、コンプライアンス、品質です。成熟した DevOps 組織では、ガバナンスは誰かの仕事だとは言えません。コンプライアンスの確保は、組織内でのアクセス、役割、責任の割り当て方から始まります。DevOps パイプライン全体で使用するツールは、品質ゲートを強制し、コードとしてのポリシーを維持し、矛盾を報告するために連携する必要があります。ワークフロー全体にまたがることができる、実績のあるセキュリティとコンプライアンスの自動化ツールに投資することは、競争力を維持し、組織が次の大きなセキュリティ侵害の中心になることのないようにするための鍵となります。

このトレンドをサポートするツール: HCL Accelerate

画像の説明


バリューストリームエンジニアリング

ガートナーは、「ローカル最適化を避け、システムレベルのアプローチで顧客価値の流れを改善する」と述べています。

HCL Software DevOps の見解: このトレンドは、他のすべてのトレンドを網羅しています。このトレンドは、他のすべてのトレンドを網羅しています。バリューストリーム管理は、DevOps パイプラインのデータを統合し、パフォーマンスと戦略を全体的に見ることができるようにします。VSM は、データベースの DevOps 環境を構築し、信頼とコミュニケーションを中心とした組織文化を構築するための鍵となります。今、VSM のトレンドに乗っている組織は、あっという間に競合他社よりもはるかに先を行くことになるでしょう。あなたは取り残されている余裕がありますか?HCL Software DevOps の使命は、適切なデータを適切なタイミングで提供することで、製品チームがソフトウェア・デリバリー・パフォーマンスを向上させることです。

このトレンドをサポートするツール: HCL Accelerate

ガートナーのリストに追加するトレンドはありますでしょうか?コメントで教えてください。


HCL Secure DevOps の総合ページの公開

2021/2/3 - 読み終える時間: ~1 分

HCL Software ではアプリケーション開発を支援する、一貫したソフトウェア製品を取り揃えています。

計画、コード開発、ソースコード管理、障害管理、ソースコードのセキュリティーチェック、アプリケーションのセキュリティーチェック、タスクの自動実行と管理、タスク間での業務滞留検出 (バリューストリーム管理) を実現できます。現在お使いの他社ツールとも連携することを前提にしていますので、現環境と組み合わせて、それぞれの事情に合わせた最適な構成が取れます。

HCL Secure DevOps 製品を俯瞰できるページを公開しましたので、是非ご利用ください。動画:「50秒でわかる HCL DevOps ポートフォリオ」も掲載しています。


HCL Software DevOps の特長

2020/12/22 - 読み終える時間: 2 分

What sets HCL Software DevOps apart? の翻訳版です。

HCL Software DevOps の特長

2020年12月21日

著者: Elise Yahner / HCL

画像の説明

DevOps ベンダーの動向を「大規模」と呼ぶのは控えめな表現です。セキュリティテストCI/CDバリューストリーム管理モデリングソリューションのリストは年々増加しており、組織のためのソフトウェアを選択するのは大変な作業です。すべてのベンダーが最高のものであると主張している中で、どのようにしてこれらのベンダーを選別するのでしょうか?

私は、HCL Software DevOps が他のベンダーと何が違うのかを指摘することで、ベンダーの混乱を取り除く手助けをしたいと思っています。しかし、私たちを本当にユニークにしているのは、私たちのスタッフとサービスです。以下に、HCL Software DevOpsを他のDevOps ソフトウェア・ベンダーとは異なる、そして優れたものにしている要因をご紹介します。

DevOpsの「次の何か」を推進している技術専門家やリーダーへの直接アクセス

HCL Software DevOps と一緒に仕事をすると、製品を手に入れるだけでなく、業界のエキスパートも手に入れることができます。私たちのリーダーシップには、20年近く前にDevOps運動を開始し、「Day 2 DevOps」の会話をリードしてきた、著名で人気のある講演者、コンサルタント、テクニカル・リーダーが数多く含まれています。HCLのエンジニア、プロダクトマネージャー、テクニカルライターは皆、DevOps の発展に貢献しています。私たちは、製品ドキュメント、ブログ、ビデオ、カスタム・ハウツー・ドキュメントなどのコンテンツ資産の大規模なライブラリを作成し、お客様のDevOpsの旅を支援することに尽力しています。

イノベーションへの取り組みが、充実した製品ロードマップを推進

HCLはすでに、HCL Software DevOps ポートフォリオの新機能の革新に何百万ドルもの投資を行ってきました。HCL Software DevOps では、最新の製品強化と HCL でしか手に入らない専用機能をすべて手に入れることができます。

提供内容、価格、関係性

お客様が当社の強力な DevOps 製品を利用する方法は、直感的で顧客第一主義的なアプローチを提供しています。私たちは、より柔軟で迅速にスタートできるよう、シンプルでわかりやすい価格モデル(DevOps Power Pack のような)を導入しました。さらに、HCL Software のセールスフォースは製品開発に密接に結びついているため、お客様が使用する製品を開発しているチームとつながりを持つことができます。

成功を確実にするためのプログラム

私たちは、契約を超えた関係を構築することを信じています。業界の専門家で構成される当社のアドバイザリーおよび採用チームは、当社のソリューションがお客様のビジネス目標を達成できるよう、関係の早い段階から関与しています。当社のカスタマー アドボケイト プログラムは、当社のラボの中小企業をお客様に開放することで、お客様と直接対話して採用を成功させ、新しいソリューションへの移行を迅速かつ容易に行うことができるようにします。

当社の最先端の DevOps ソリューションに付随するこのような関係とリソースにより、お客様の開発イニシアチブはスムーズで安全、成功につながります。実際に当社のソフトウェアをご覧になりたいですか?ここでデモをリクエストしてください。


DevOps 2020年の教訓と 2021年の予測

2020/12/19 - 読み終える時間: 4 分

DevOps 2020 lessons and 2021 predictions の翻訳版です。

DevOps 2020年の教訓と 2021年の予測

2020年12月16日

著者: Elise Yahner / Marketing Strategy and Campaigns for HCL Software DevOps

画像の説明

もう聞き飽きたかもしれませんが、もう一度言います - 今年は奇妙な年でした。ソフトウェア開発を含め、パンデミックによってもたらされた変化を免れなかった産業はありませんでした。では、この「前例のない」年からどのような教訓を得ることができ、2021年はどのように変わっていくのでしょうか?私は、DevOps の専門家に、この1年を振り返り、次の年に向けて予測を立ててもらいました。彼らが何を言わなければならなかったかを確認するために読み続け、コメントであなた自身の考えを共有してください。

DevOpsの専門家にとって、この1年で最も大きな教訓となったことは何でしょうか?

HCL Software DevOpsプロダクトマネジメントの責任者、Steve Boone氏

継続的なガバナンスとコンプライアンスは、最高のセキュリティと品質のプラクティスを守りながら、アジャイルなスピードで動き続けることに苦労しているDevOps組織にとって必須のものです。

ニック・マティソン氏、HCL Accelerateの開発マネージャ兼テクニカルプロダクトマネージャ

COVID-19は、バリューストリームの利害関係者が自社のバリューストリームをどの程度理解しているかをテストしました。議論を小耳に挟んで成果物のヒントを得たり、先輩開発者の肩を叩いてアドバイスや助けを求めたりするような時代は終わりました。価値の流れ全体に渡って、利害関係者は、可視性、プロセス、文書化に深刻なギャップがあり、早急に対処する必要があることに気付きました。

Hayden Schmackpfeffer、HCLローンチプロダクトマネージャー

この1年でDevOpsの専門家にとって最大の教訓は、成熟したDevOpsツールチェーンの重要性を再確認したことだと思います。HCL Launch Dev にはCI/CDパイプラインが完全に整備されていて、HCL Accelerateでも密接に監視しています。

Bryant Schuck、HCL Accelerateプロダクトマネージャー

パンデミックが発生するまでは、すべてが順調に稼働しています。過去のトランスフォーメーションのペイオフは、DevOpsを採用したことで誰が(知らず知らずのうちに)準備をしていたかを示しています。

DevOpsトランスフォーメーションアドバイザーのアル・ワグナー

多くの人にとって、2020年は、世界中の産業を混乱させたCOVID-19パンデミックの年として永遠に知られることになるでしょう。そして、世界はソフトウェアで動いているため、テクノロジー企業やDevOpsの専門家は、非常に早く、新しい技術を市場にもたらし、新しい働き方を見つけるために、箱から出ていかなければなりませんでした。テクノロジー企業にとっては、革新的なコラボレーションソリューションが数多く市場に溢れ、その多くがウォール街の寵児となりました。個人にとっては、日常生活のパラダイムシフトを意味していました。そうは言っても、私が学んだ最大の教訓は、私たちがどのようにお互いに接していたかに関連しており、(信じられないかもしれませんが)この混乱から得られたいくつかのポジティブなこともありました。友人や同僚と離れてリモートで仕事をしたり、ホームオフィスを設置したり、子供の世話をしたり、肉親や家族への気遣いをしたり、いろいろなことがありましたが、ストレスレベルがピークに達していた時の人間関係は改善されました。私自身にとっての最大の教訓は、他の人にも共通していると思いますが、チームメイトへの共感度を高め、二度と対面での共同作業が当たり前にならないようにしたことです。私たちが知っていた世界が戻ることはないかもしれませんが、個人的にも仕事上でも、お互いの接し方は改善されたように思います。

Brian Muskoff 氏(DevOps製品開発・戦略担当ディレクター)

2020年は、先にあるものを正確に予測することはできませんが、ビジネスのアジリティを受け入れる文化を作ることで、どのような状況にも迅速に対応できることを証明してくれました。今年はまた、ミュートボタンが人類史上最も重要な発明の一つであることを教えてくれました。

DevOps アドバイザリー&アドプション担当ディレクターのChris Nowak 氏

それは、変化は常に起こり、人々は変化を恐れ、共感(信頼)こそが変化を共に管理する方法であるということです。

2020年は、私たちの働き方に大きな混乱をもたらしました。あらゆる業界の何百万人ものプロフェッショナルが、ハイタッチで近距離でのやりとりからバーチャルコラボレーションへの移行を余儀なくされました。このことは、既存の人間関係を維持したり強化したり、新しい人間関係を創造したりする能力に影響を与えました。

すべての成功は、人やチームがお互いに築く関係性の結果であり、すべての関係性は信頼の上に築かれています。人とチームがお互いを信頼していれば、どんな変化も一緒に乗り切り、恐怖にも一緒に立ち向かうことができます。そうでない場合、チームやビジネスの関係は効果的ではなく、しばしば機能不全に陥り、ダメージを受けることになります。 2020年は、私たち全員に、混沌とした状況下で信頼関係を構築するための新たな方法を考えさせた。DevOpsに関わるすべての人(あるいはそれに関連するあらゆるビジネス)にとっての2020年の教訓は、関係性、信頼、共感、文化こそが、ビジネスの成果を成功させ、組織のレジリエンスを強化する鍵であるということです。

私たちはよくDevOpsについて、CALM - Culture, Automation, Lean Process and Measures(文化、自動化、リーンプロセス、施策)と表現しています。カルチャーとは、行動、信頼、共有、コラボレーション、共感などの個人的な行動が見られるところです。これらの資質は、最終的には文化、ビジネス関係、成功を左右するものです。これらの資質がDevOpsの核心です。私たち一人一人が、日常的にどのように行動し、どのように関わり合うかによって、文化やビジネスに影響を与えることができるのです。あなたが世界で見たいと思うような変化になりましょう。

2021年のDevOpsについて、どのような変化、文化の変化、トレンド、イノベーションを予測していますか?

画像の説明

Steve Boone:私の希望としては、2021年は企業が組織内で生み出されるデータを活用して社内プロセスの改善に着手する年になると思います。目標は、反応的なDevOps組織から、ビジネスのニーズに合わせてピボットできるプロアクティブなDevOps組織へと移行することです。

Nick Mathison: 幸いなことに、アジャイルに焦点を当てた多くの企業は、ドキュメントやプロセスの問題が解決されると、今でも在宅で仕事をしながら成功を収めていました。しかし、コミュニケーションスタイルは変化し、それに伴ってプロセスや通知システムも変化しています。私は2021年には、プロセスや文書化ができないところに可視性と説明責任を提供できるツールの需要が急増すると予測しています。

Bryant Schuck: 企業が廊下での会話から離れ、リモートワークに移行しているため、可視性とデータは非常に重要になるでしょう。

Al Wagner: バリュー・ストリーム・マッピングとバリュー・ストリーム・マネジメント(VSM)が主流になるにつれ、企業はVSMに対する期待をより先取りするようになるのではないでしょうか。現在の傾向を見ると、企業はまず現状を分析し、技術的な改善をすぐに行い、改善の傾向を測定して消費者へのアイデアの流れを最適化することに注目しています。今後、企業は「終わりを念頭に置いて始める」(Covey氏の言葉を借りれば)、砂の中に線を引き、賞品を達成するための行動指針を描くことに、より重点を置くようになるのではないでしょうか。バリューストリームマッピングは常に現状を反映していますが、ビジネスビジョンを達成するためのギャップやアクションを特定する際には、ケイパビリティマッピングの使用がより顕著になり、リードタイムやサイクルタイムの短縮だけでなく、定義された目標への進捗状況の測定も継続して行われるようになるでしょう。繰り返しになりますが、DevOpsはビジネス上の問題を解決するためのものですが、多くの人はすぐにテクノロジーやツールに目を向けます。人とプロセスも忘れてはならない。キャパシティマッピングは、人、プロセス、ツールの3つの柱すべてに触れ、明日のビジネス目標を達成するためには、3つの柱すべてを改善する必要があります。

Brian Muskoff: 大流行中はリモートワークモデルへの移行に成功しましたが、長期的には、従業員の生産性と士気、組織の整合性と文化を向上させるために、より柔軟性の高いハイブリッドモデルではありますが、オフィスに戻ることになるでしょう。

2021年に向けて、すべての開発担当者はどのような新年の決意をすべきでしょうか?

画像の説明

Steve Boone: もしあなたがソフトウェアを作るビジネスをしているのであれば、2021年は、品質が高く、顧客に喜ばれるソフトウェアを提供するために必要なすべての人と役割を理解することに時間の一部を割くべきです。あなたが開発者であれば、ビジネスの他の部分を学ぶべきです。プロダクトマネージャと話し、セラーと話し、テストエンジニアと話し、SREと話し、セキュリティチームと話しましょう。彼らの責任について学びましょう。彼らにとって何が重要なのかを知る。より総合的な個人になる。ビジネスの他の部分を知れば知るほど、これらのグループと協力して協力して仕事をすることが容易になります。

Nick Mathison: すべての開発の専門家は、自分の価値の流れの中で積極的な機会を探すべきです。待ち時間はリードタイムとサイクルタイムの絶対的な障害となるので、重要な情報を早期に入手できる段階を特定することは、より迅速な意思決定を生み出すのに役立ちます。このアイデアは、設定されたゲート基準に基づいて自動的に展開をトリガーすることや、単に隔週ごとに新しい顧客のリクエストを手動でレビューすることに現れています。先を見越した対応をすることで、待ち時間をなくし、将来的には、盲目的なリクエストを最小限に抑えることができるという直接的なメリットがあります。すべてを自動化する必要はなく、プロセスの変更はより早くできるかもしれないことを認識してください。

Bryant Schuck: 自分のキャリアのどのレベルにいても、コミュニティと知識を共有することに挑戦してみてください。何か素晴らしいことに火をつける方向性やアイデアを持っているかもしれません。ブログを書く。ビデオを録画する。Heck, it's 2021, make a TikTok!

Al Wagner: オープンマインドを保ち、専門知識を共有し、知識を求め続けること。技術の進歩は非常に速く、次の偉大なものに追いつくのは困難です。しかし、私たちはITの専門家として、率直に対話に参加し、質問をし続け、専門知識を共有し、他の人が言っていることに耳を傾け、自分や他の人の失敗から学ぶことを義務づけられています。私にとってITとは、技術と実践を改善してお互いを助け合い、向上させるという共通の使命を共有する専門家の巨大なコミュニティです - 自分のできる最善を尽くしたいと考え、知識を渇望する人々のコミュニティです。一緒に協力して、それを実現していきましょう。

ブライアン・ムスコフ CISOと友達になろう。現在、私たちの世界はソフトウェア上で動いており、サイバー攻撃はこれまで以上に蔓延しています。ソフトウェアのセキュリティ対策を可視化し、準拠し、タイムリーに実施することに投資することは、組織と顧客を保護するだけでなく、チームがビジネスが期待する価値と結果を提供することを可能にします。

Chris Nowak: まず理解することを求め、次に理解されることを求めよう。 - Stephen Covey, Habit #5

「私たちは世界を映し出しているだけだ "外の世界に存在するすべての傾向は、私たちの体の世界に見られるものです。もし私たちが自分自身を変えることができれば、世界の傾向も変わるでしょう。人が自分自身の性質を変えるように、世界の態度も彼に向かって変化します。これは神の神秘の至高である。それは素晴らしいことであり、私たちの幸福の源です。我々は、他の人が何をするかを見るために待つ必要はありません」 - マハトマ・ガンジー


HCL Accelerate はどのようにしてオープンソースツールをより良いものにするのか

2020/7/21 - 読み終える時間: ~1 分

How does HCL Accelerate make open source better? の翻訳版です。

HCL Accelerate はどのようにしてオープンソースツールをより良いものにするのか

2020年7月20日

著者: Bryant Schuck / Product Manager for HCL Software DevOps

画像の説明

皆様が、使い慣れたソフトウェアが好きであることや、オープンソースツールを使用してきた長い歴史を持つ企業の方であることを、HCL Software は理解しています。しかし、HCL Software は、お客様の仕事をより簡単にし、チームをより協調的にすることができるのではないかと考えています。HCL Software DevOps ソリューションは、現在お使いの開発ソフトウェアのエコシステムとして補完することができます。オープンソースのツールをより良くするにはどうすればいいのでしょうか?ガバナンス、可視性、エンタープライズ・スケールなど、より速く実行し、より大きく成長するために必要な要素を追加します。

HCL Software の究極の追跡・確認ツールである HCL Accelerate を、お客様の DevOps エコシステムの上に配置することで、これまでにないほどの洞察力とガバナンスが得られます。ツールチェーンに何があるか、オープンソースであるかどうかに関係なく、HCL Accelerate は、これまでにないほどの洞察力とガバナンスを提供します。HCL Accelerate は、ボトルネックを発見し、チームを改善し、ビジネス価値を高めるために必要なメトリクスを提供します。

カスタム・プラグインを加速する HCL Accelerate の主な利点は、すべての DevOps ツールからのデータを集約するため、使用しているツールにあまり詳しくない関係者でもパイプラインを簡単に解釈できることです。例えば、Jenkins を使用している開発者であれば、そのツールの使い方を熟知しています。しかし、Jenkins はオープンソースであるため、あまり洗練された UI を持っておらず、管理者が必要な情報を掘り下げて見つけるのは容易ではありません。HCL Accelerate は、オープンソースのツールに慣れていない人のために、単一のビューでデータを分析するためのユーザーフレンドリーなレイヤーを提供します。

オープンソースは非常にニッチなアプリケーションであり、コスト節約の面ではとても素晴らしいものです。しかし、オープンソースは、セキュリティやサポートなどの重要な要素を見逃しがちです。HCL Accelerate は、オープンソースツール全体にガバナンス、コンプライアンス、およびレポートを追加することで、このギャップを埋めることができます。リリースオーケストレーションやインテリジェントゲーティングなどの機能を備えた HCL Accelerateは、オープンソースツールの操り人形的な役割を果たします。たとえば、HCL Accelerate を使用して、Jenkins で安全にゲーティングされたリリースを設定することができるので、誤って何かを早期にリリースしたり、間違ったビルドをリリースしたりすることがなくなります。セキュリティ機能を追加し、パイプラインデータを1つのビューにまとめることで、HCL Accelerate はチームに最適なツールを自由に使用できるようにします。

HCL Software は、ソフトウェアデリバリツールへの「リッピング&リプレース (全面的な取り替え)」アプローチが必ずしも理想的ではないことを知っています。しかし、組織の成長にはアップグレードが必要です。そのため、HCL Accelerate は既存のツールセットと統合できるように構築されているため、チームに最適なツールを自由に使用できるようになり、同時に主要な利害関係者に可視性とセキュリティを提供することができます。無料のコミュニティ版で HCL Accelerate をお試しください。


HCL Accelerate: DevOps メトリクスの重要性。なぜ、どれを、どのように

2020/7/15 - 読み終える時間: 4337 分

https://blog.hcltechsw.com/accelerate/devops-metrics-matter-why-which-ones-and-how-2/

DevOps Metrics Matter: Why, Which Ones, and How


HCL Accelerate: DevOps メトリクスの重要性。なぜ、どれを、どのように

2020年7月14日

著者: John Gelo / Senior Technical Architect

画像の説明

「自分が話していることを測定して、それを数字で表すことができれば、それについて何かを知ることができる」( ウィリアム・トムソン・ケルビン (物理学者・数学者・エンジニア))

もっと簡単に言えば、測定できないものは管理できないということです。DevOps (または何でも)をより良くするためには、自分が何をしてきたかを振り返り、現在の位置となりたい位置を比較する必要があります。そこにバリューストリームマネジメントの出番です。

アジャイルは、積極的な顧客とのコラボレーション、ダイナミックな変更対応、短い開発サイクル、頻繁な納品、継続的な対面チームコミュニケーション(スクラムとスプリント)、継続的な学習など、ソフトウェア開発製品とプロセスを改善し、管理するための基礎的な基盤を提供しました。リーンの主な推力は、顧客価値を最大化せずに資源、時間、スペースを消費する活動である無駄の識別と排除でした。

バリューストリームマネジメント(VSM)は、これらの概念に基づいて、製品、価値、時間のエンドツーエンドの全体的なワークフローの能力を可視化し、分析し、現在の状態(アイデアやコンセプト)から生産の流れを経て納品された状態に至るまでの時間を可視化します。VSMは、最高の品質を約束する効率的な運用環境を確保しながら、フローの改善とビジネス価値の継続的な最適化、アイデア(コード)から現金化までの生産、製品/開発管理会議への参加に焦点を当てています。

とてもパワフルに聞こえますよね?しかし、VSM ツールは、測定するメトリクスによってのみ効果を発揮します。メトリクスは、ソフトウェア開発チームがソフトウェアのライフサイクルの段階で、製品やプロセスの流れを理解し、評価し、コントロールし、情報に基づいた意思決定を行い、予測するのに役立ちます。別の言い方をすれば、以下のようになります。

「応用ソフトウェア測定の目標は、ソフトウェア管理者や専門家に、ソフトウェアプロジェクトのサイズ決定、見積もり、管理、制御を厳密かつ正確に行うための有用で具体的なデータポイントのセットを提供することである」(C.ジョーンズ、応用ソフトウェア測定。生産性と品質のグローバル分析)

メトリクスが重要であることをもっと納得させる必要がありますか?ここでは、時間をかけて正しいことを測定し、正しいことを測定するための 5 つの理由を紹介します。

  • ソフトウェア・プロセスの問題を解決する(問題の特定、改善の機会)
  • 品質の把握・向上(品質レベルの把握、品質向上、テストの徹底
  • 問題の回避・修正(レスポンスの高速化、不具合の修正、挙動の変化、問題の実現を防ぐ
  • アジャイル進捗管理(スプリントの進捗状況、可視性の向上、目標達成、ワークフローのバランス調整
  • アジャイル計画(優先順位付け、スコップ、リソーシング

DevOps パフォーマンスの測定についての理解が深まったところで、何を測定すべきかについて説明しましょう。HCL Accelerate には、ソフトウェアデリバリパイプラインの多くの側面を追跡する機能がありますが、どの指標に注目するかは、組織独自の主要パフォーマンス指標に依存します。ほとんどの場合、注目したいメトリクスは以下のとおりです。

  • リードタイム
  • 待ち時間
  • スループット
  • ワークアイテムの配布
  • 不良率の変化
  • ロード

リードタイム

リードタイムとは、仕事の単位としてのアイデアが受け入れられてから、その仕事の価値が実現するまでに必要な時間であり、付加価値のある処理時間と付加価値のないサブプロセス間の待ち時間の両方を含む。作業項目の処理時間は、その活動に人またはチームが費やした時間の持続時間である。理想的には、市場投入までの時間を短縮し、顧客満足度を向上させるために、リードタイムの値は1日の傾向にあるべきです。